ティアナ(J32/L33)が廃車でも何故高額買取りされたのか?

ティアナ,J32,l33

事故車買取査定

日産のティアナ(J32/L33)は2003年から

販売を開始した大型セダンとなります。

 

国内販売にも力を注いでいますが

世界戦略車として海外の多数の国へ輸出しています。

 

国内ではセフィーロやローレルの販売域や

経路をカバーしていく後継と位置づけられました。

 

ティアナに搭載されているエンジンは

日本国内向けとしては2000cc直列4気筒ですが、

海外向けには2300cc(V6)、2500cc(直4)、

3500cc(V6)をラインアップしています。

 

駆動系はFFと4WDで変速機は

電子制御CVT(無段変速)と4速ATを採用しています。

 

2代目ティアナのエンジンや駆動系も

ほぼ同様となっています。

 

このティアナの特徴は最上級セダンとしていますが

全長は4770mm全幅1765mmと

フーガのタイプよりやや小さく設定しています。

 

しかもシンプルなボディデザインになっています。

 

決して派手さはありませんが

洗練された落ち着きのある雰囲気となっています。

 

またV型6気筒エンジンでありながら

レギュラーガソリンを燃料にできる点も注目されました。

ティアナ,室内

ティアナのコンセプト「モダンリビング」の現れは

室内空間にもあります。

 

広々とした居住空間にゆとりある上質なシート配列、

キャビン席まわりの機能性も充実しています。

 

気品があり落ち着いた雰囲気は大人の感覚です。

 

このようなティアナの特徴は中高年層を中心に支持され、

買い取り市場においても注目を浴びています。

 

 

ティアナ(J32/L33)は事故車でも何故高額で買取られる?

point

ティアナ(J32/L33)がいくら人気があってもさすがに

事故車や廃車だと値がつかない。

と諦める方が多いです。

 

しかし、

今は事故車であっても中古の部品として人気があったり、

事故車に寛大な海外でも車を売ることができますので、

事故車であっても非常に高い値段で売却することができます。

 

特に事故車に廃車に強い買取サイトを

こちらの記事で紹介していますので、

事故や廃車で諦めていた方は一度見てみてくださいね。

事故車買取査定

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ