事故車のステージア2.5 250RX M35が高値で査定される理由

ステージア,2.5,250RX,M35

事故車買取査定

日産のステージア2.5 250RX M35。

 

車のタイプはラージクラスのステーションワゴンで

登場したのは1996年でベースになっていたのは

スカイラインやローレルです。

 

全長4885mm、全幅1775mm、全高1515mmと言う

堂々としたボディをしています。

 

販売を終了したのは2007年ですから、

市場実績はおよそ11年間となります。

 

ステージアに搭載されたエンジンは

2000ccと2500cc、2600ccの直列6気筒で

一部にインタークーラーターボ仕様も用意されていました。

 

駆動方式はFRと4WDでトランスミッションには

4速ATと5速MTを採用しています。

 

スカイラインの姉妹車ということもあり

走行性能には定評がありました。

 

 

ステージア2.5 250RX M35の特長は?

ステージア,事故車買取査定

ステージアの特徴はラージサイズのボディを活かした

室内空間で、乗車定員は5人とされていましたので

乗車スペースにはゆとり感があります。

 

また、後部のラゲッジスペースも広く確保されており、

シートアレンジも可能で様々な使用ニーズに

応える事が出来ます。

 

街中での使用は勿論の事、

アウトドアライフを楽しむ時なども重宝します。

 

ステージアは日産の上級ステーションワゴンとして

位置づけられていました。

 

装備面も充実させており、例えば

オゾンセーフフルオートエアコンや

リモートコントロールエントリーシステム

などがあげられます。

 

現在の車にとっては当たり前のような装備ですが、

当時から見ると画期的なものでした。

 

ステージアには海外向け仕様車はありませんでしたが、

スカイラインの姉妹車と言う点から

中古車のステージアは人気があります。

 

国内でも同様にステーションワゴン人気もあり

需要は高く、それは事故車でも変わりません。

 

 

ステージア2.5 250RX M35の価格は?

003

業者間オークションの相場価格で見ると

通常の状態で80万円あたりとなっており、

事故車でも結構な高値が期待できます。

 

ただステージアは2007年に

生産を終了していますので

売却のタイミングが重要ですし、

特に事故車ですと早めの売却が必要です。

 

当サイトでは事故車でも高値で買い取りしてくれる

買取査定サイトを紹介していますので、

是非活用してみてくださいね。

事故車買取査定

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ