事故車のセルシオ4.3ABC仕様が何故高く売れる?

セルシオ,4.3,A仕様,B仕様,C仕様

事故車買取査定

トヨタのセルシオ4.3ABC仕様は

1989年から販売を開始した

最上級の4ドアセダンです。

 

もともと同社にはクラウンという

伝統と歴史のあるセダン車があります。

 

そのクラウンブランドとは一線を画した

車種として登場したのがセルシオです。

 

またトヨタの海外戦略としてレクサスブランドが

1989年に立ちあがります。

 

そのフラッグシップカーとなるレクサスLSの

日本国内向け仕様の車種がセルシオです。

 

 

セルシオからレクサスLSへ

レクサスLS460

2005年にはレクサスが国内展開されると

セルシオの車名は消えレクサスLS/F40として販売されるようになります。

 

セルシオに搭載されてきたエンジンは4000ccV型8気筒で

駆動系はFRで変速機は4速ATを採用していました。

 

その後3代目セルシオには4300ccV8エンジンが搭載され

変速機も5速と6速のATとなります。

 

3代目の2006年には生産を終了し

レクサスブランドとして市場に供給されることになります。

 

セルシオの特徴はクラウンとは違った

最上級車を目指していたところにあります。

 

 

セルシオ4.3ABC仕様が事故車でも人気の秘密

point

最上級車ですから法人向けや

高所得者をターゲットにしていましたが、

セルシオの中古車に若年層が注目し始め

人気車となっていきます。

 

搭載されたエンジンからも分かるように

走行性能は抜群で力強さと静粛性を併せ持っています。

 

室内空間も高級感とゆとりのスペースが人気となり

一番の特徴はスポーティさと重厚感あるボディデザインでしょう。

 

この点が若年層にも支持されてきたところとなっています。

 

このような特徴からセルシオは絶大な人気となり

例え事故車でも買い取り市場でも高く評価され、

 

廃車であっても部品取り車として

実際の取引を見ても高額相場となっています。

事故車買取査定

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ