ルークス660ハイウェイスターが事故車で高値の査定が出る理由

ルークス,660,ハイウェイスター

事故車買取査定

日産のルークス660ハイウェイスターは2009年に登場します。

 

この車はスズキからOEM供給されたもので、

車のタイプは軽トールワゴンとなり、

ベースとなっているのはパレットです。

 

ルークスの中にハイウェイスターと名付けられたグレードがあり、

それは軽の車種の中では最上級に

位置づけたという事が背景にあります。

 

搭載されているエンジンは660cc直列3気筒で

インタークーラーターボ付きもあり、

駆動系はFFと4WDで変速機は

CVT(無段変速)を採用しています。

 

ルークス660ハイウェイスターの特長とは?

ルークス,660,ハイウェイスター

ルークスの特徴は先ず日産が同社の中の

軽自動車の最上級車として位置づけているところにあり、

OEM車であっても日産らしさを追究しています。

 

エクステリアでも前後バンパーやグリル、

テールランプなどは別意匠のものにしており、

これによってベース車であるパレットと差別化をはかっています。

 

室内空間も広く設定し特に室内高は

このクラストップの1400mmにしていて装備も充実させています。

 

アラウンドビューシステムは安全に配慮していたり、

アイドリングストップ機能、バッテリーアシスト機能などによって

燃費性を向上させており、カタログ燃費では26km/ℓと良好です。

 

走行性も良く取り回しの良さもあります。

 

 

ルークス660ハイウェイスター中古車市場での人気は?

point

2013年には後継のデイズルークスの登場で

販売は終了しています。

 

買い取り市場においても人気があり

高額で取引されています。

 

ルークスの人気と日産のブランド力が

背景にあるからでそれは事故車であっても変わりません。

 

事故車に強い買い取り業者を利用することで、

おどろくほど素晴らしい条件を手に入れることが出来ますよ。

事故車買取査定

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ