事故車のリーフGXが高額の概算査定価格になる理由とは

リーフ,GX

リーフ,GX

日産のリーフGXは2010年から販売を開始しし、

車のタイプは5ドアハッチバックの電気自動車です。

 

電気自動車のイメージとしてあげられる点は、

環境を汚さないエコクリーン車である事でしょう。

 

静かな走行性もあげられ、これらはプラス評価ですが、

逆にマイナス評価のイメージとしては

力強さに欠けるのでは?

とか航続性が短いなどがあります。

 

また充電時間が長く社会的インフラも

十分でないなどもあげられています。

 

そのため各メーカーも確かな走行性や軽量化、

航続性の向上、バッテリー性能の向上などを

開発課題として取り組んできています。

 

 

リーフGXは目覚ましい進化を遂げている。事故車でも高値

リーフ,GX

リーフに搭載されているモーターは

永久磁石同期電動機(EM61型と57型)で、

駆動はFFです。

 

全長4445mm、全幅1770mm、全高1545mm

と言う堂々としたボディです。

 

ベースはティーダとキューブキュービックとなっています。

 

車重は1520kg(前期型)でしたが

1430kg(後期型)まで軽くしてきています。

 

電気自動車のリーフGXは家庭用電源で

満充電(約300円)できるバッテリーを

開発搭載しています。

 

また非常時にはリーフ自体が

電源となると言う利点もあります。

 

走行性も向上し特に加速レスポンスは

非常に高くなっています。

 

上り坂でも力強さを感じさせる走行性能を

確保しています。

 

モーターをボンネットへ配置し

バッテリーを車体中央下部に置いた事で

非常に高い安定性があります。

 

航続距離も228km、最高速度145km/h(前期型EM61型)

充電時間8時間あまりで全国に五千か所以上の

充電拠点があるようです。

 

このようなリーフですから注目され、

まだ買い取り市場にあまり出てはいませんが

相場価格は事故車でも高くなる傾向になります。

 

こちらのサイトではリーフが最も高く売れたサイトを紹介していますので、

興味のある方は一度見てみてくださいね。

リーフ,GX

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ