日産のラフェスタ(B30)が事故車でも高く売れる理由

日産,ラフェスタ

事故車買取査定

日産のラフェスタ(B30)は2004年から販売を開始し

車のタイプは乗車定員7人の5ドアミニバンとなり、

2004年の登場ですが先代車種はリバティです。

 

リバティはプレーリーの後継となりますから、

ラフェスタのルーツは1982年にまで遡ることになります。

 

初代ラフェスタは2004年から2012年の8年間の市場実績があり、

2代目はラフェスタ・ハイウエイスターで

こちらはマツダのプレマシ―をもとにしたバッジエンジニアリング

ならびにOEM供給車となり基本的には初代とは違います。

 

ラフェスタに搭載されてきたエンジンは2000cc直列4気筒で

駆動系はFFと4WDで変速機は電子制御CVT(無段変速)です。

 

 

2代目のハイウエイスター(B35)の特長は?

ラフェスタ,B30

2代目のハイウエイスター(B35)に搭載されているエンジンは

2000cc直列4気筒で駆動系はFFと4WDです。

 

変速機のみが初代ラフェスタとは違いFF車には

5速と6速のATを4WD車には4速ATを採用しています。

 

このように同じ車名を冠していても

基本構造の違うケースは少なくなく

製造途中のモデルチェンジを機に

OEM契約している車が多数あります。

 

ラフェスタの特徴は小回りのきく操作性と

CVT特有の走り出しの滑らかな加速性があります。

 

ラフェスタ・ハイウエイスターはラフェスタより

ボディを大きくしワイド&ローのスタイルとなっています。

 

いずれにしても室内空間の確保やシートアレンジ、

電動スライドドアなどラフェスタは利点をもっています。

 

 

ラフェスタの事故車の中古車市場での買取価格は

point

このようなラフェスタの特徴が評価され

事故車や廃車でも買い取り市場で良好となっていて、

 

中古車査定サイトを利用して複数の業者を競争させることで

ラフェスタの買取価格を最大化し、事故で廃車になっても

最高の条件で売却することが可能です。

 

興味のある方は見てみると良いですよ。

事故車買取査定

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ