インプレッサ(GR/GV)が事故車でも高値の理由は? 高崎市

スバル,インプレッサ

事故車買取査定

スバル・インプレッサは、富士重工が製造して

スバルブランドで販売する乗用車です。

 


インプレッサは、スバルブランドのグローバル戦略車で、

プラットフォームはレガシーのものを流用して開発していますが

軽量化に成功しています。

 

初代は1992年に発売されエンジンは全て水平対向の

EJ型を採用しています。

 

2.0リッターのEJ20型、1.8リッターのEJ18型、1.6リッタのーEJ16型、

1.5リッターのEJ15型です。

 

トランスミッションはNAモデルには、4速ATと5速MTで

ターボモデルにE-4速AT+VTD-AWDが5速MTには、

ノーマルレシオとクロスレシオがあり、

駆動方式は、FFと4WDでした。

 

ボディータイプは、5ドアスポーツワゴンと4ドアセダン及び

2ドアクーペの設定です。

 

インプレッサ

2代目は、2000年に発売されスポーツワゴンは、

5ナンバーサイズのままですがセダンは、

3ナンバーサイズになりました。

 

このモデルは、2ドアクーペの設定はありません。

 

エンジンもEJ15型とEJ20型のNAモデル及び

EJ20型のターボモデルになりました。

 

トランスミッションは、4速ATと5速AT及び6速MTで、

4WDのみの設定です。

 

3代目インプレッサ

3代目は2007年に発売され新たにSIプラットフォームで開発され

4ドアセダンと5ドアハッチバックの設定になりました。

 

エンジンは、DOHCのNA15L型とSOHC.NAのEJ20型、

DOHCターボのEJ20型でSOHC.NAの1.5リッターは廃止されました。

 

4代目は、2011年に発売されWRX-STiモデルは、

3代目のモデルで販売されます。

 

水平対向エンジンは、FB16型とFB20型に変更されました。

 

 

インプレッサの中古市場での価格は?

003

現行モデルの新車価格は159万円~245万円で

中古車の最多価格帯は49万円~251万円です。

 

インプレッサターボモデルやSTIなど根強いファンがいますが、

事故が結構多いです。

 

よって、

あなたのインプレッサが事故車や廃車であっても

ニーズが比較的多いのがインプレッサの特長です。

 

 

事故車の売却は買取査定サイトで

point

インプレッサの事故車はニーズはありますが、

事故車や廃車の買取査定は特殊です。

 

よって

事故車や廃車の査定に強い買取査定業者と多く提携している

買取査定サイトを選択する必要があります。

 

興味のある方は事故者に強いサイトのランキングを作成したので、

見てみてくださいね。

 事故車買取査定

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ