アクア(NHP10)が事故車でもなぜ高値で買取査定されるのか?

 アクア,トヨタ,買取査定

事故車買取査定

アクア(NHP10)は2011年から販売をはじめた、

 5ドアハッチバックタイプの車です。

 

また同社の小型ハイブリッドカーで売上ナンバーワンの人気車です。

 

搭載されているエンジンとモーターは

1500cc直列4気筒と1LM型交流同期電動機です。

 

駆動系はFFで変速機には電気式無段変速を採用しています。

 

トヨタのハイブリッドと言えば「プリウス」で、アクアはそのプリウスの

後継車として当初のアクアは「プリウスC」と呼ばれました。

 

その後実際に販売が開始される頃アクアの車名が付く事になります。

 

特徴は5ナンバーのコンパクトハイブリッド車であると言うことです。

 

全長3995mm、全幅1695mm、全高1445mmで、

車重は1050kgまでに抑えられ空気抵抗も軽減されていて、

燃費は極めて良くなっています。

 

カタログ燃費で37km/ℓは驚異的な数値と言えるのではないでしょうか。

 

こうしたハイブリッド車で低燃費である事と同時に

他の機能面でも充実をはかっている点がアクアの人気につながっています。

 事故車買取査定

 

アクア(NHP10)は機能面も優れており事故車でも高値で売れる。

例えばEV走行時に音を発生させ歩行者に車の接近を知らせる事もでき、

電気自動車もそうですがEV走行時には自動車音がないため

歩行者が気付けないと言う指摘に対応ししています。

 

室内空間の確保や装備も上質感があったり、

ドライブモードもエコとEVの2種類がありそれぞれ

走行時の特性に合わせて使える機能もユーザーには人気です。

 

このようなアクアですから販売台数は常にトップクラスで、

たとえ事故車であっても、部品取り車や海外での需要もあり、

買い取り市場では高額取引されています。

 

2011年の登場と言うこともあって車としてもまだ新しく、

今後もしばらくこの傾向が続くのではないでしょうか。

 

その際には事故車の買取にも強い買取査定サイトを

ご利用されることをおすすめします。

 

事故車査定申し込みランキング

当サイトでのクリック数と申込み数から計算しています。(1クリック1ポイント、契約1件に付き10ポイントと計算)

ズバット車買取比較事故車

 

かんたん車査定ガイド

 

カーセンサー事故車

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ