日産のモコ(MG22S/MG33S)が事故車でも高く売れる理由

日産,モコ

事故車買取査定

日産のモコ(MG22S/MG33S)は2002年から販売を開始しました。

 

もともとはスズキのMRワゴンをベースにしたOEM供給の車で、

車のタイプは軽トールワゴンです。

 

MRワゴンとの差別化はフロントグリルを

日産のウインググリルを使ったり、

ボンネットやバンパーのデザインを変えたりして

日産車としてアピールしています。

 

後にはヘッドライトもMRワゴンとは変えています。

 

搭載されてきたエンジンは660cc直列3気筒で

一部にターボ仕様もあります。

 

駆動系はFFと4WDで変速機は4速ATです。

 

その後CVT(無段変速)も追加されています。

 

 

日産モコ(MG22S/MG33S)のコンセプト、特長は?

日産モコ

モコのコンセプトは、若いアクティブなママが、

子供と一緒にどこへ行ってもジャストフィットできる

ベストパートナーです。

 

現行のモコ(MG22S/MG33S)を見ると

その特徴が分かります。

 

先ずは室内空間です。

 

トールワゴンの特性をいかしたゆとりがあり、

インテリア装備も充実させています。

 

簡単操作のシステムも多様に導入しています。

 

インテリジェントキー、プッシュエンジンスターター、

照明付きのバニティミラー、ヒーター付きの

ドアミラーと運転席などなど。

 

またオルタネーターやアイドリングストップなどによって

燃費性を向上させています。

 

カタログ燃費では30km/ℓとなっています。

 

これらの機能はやはりコンセプトとつながっているようです。

 

その上に走行性の良さや安全面での機能も充実させています。

 

モコの2013年の年間販売台数は5万5千台で

10位にランキングされている人気の車です。

 

よって

事故車であっても買い取り市場において

良好な相場価格で取引されています。

 

 

モコ(MG22S/MG33S)が事故車でも高値で買取させる方法とは

モコ,事故

今であれば非常に良い条件で売却も行えるモコですが、

買い取り業者に競争させることで

更に高値で買取させることができます。

 

こちらの記事では事故車であっても

高値で買取するケースが多い業者を紹介していますので、

興味のある方は一度見てみてくださいね。

事故車買取査定

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ